| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

京都精華大学 テキスタイルコース


テキスタイルコースのブログ式ホームページです!!!

授業風景や在学生の制作風景、展覧会のお知らせなどお伝えしていきます♪♪
卒業式…
0

    今日は絶好の卒業式日和kyuハート

    空は青いし、寒くもないし、皆にっこにっこの笑顔だしきき

     

    4年生の皆さんご卒業おめでとうございますニコッ

    4年間はあっという間でしたが、楽しく過ごせましたか?これから先も皆は皆の歩みたい道を歩いていけたらいいなと思っていますゆう★

    ではでは皆様今後のご活躍と、またの再会を祈ってハートハート

     

     

     

     

     

     

    |16:06| - | - | - | posted by textile -
    テキスタイルコース2回生有志の「テキスタイルのすみっこ展」が開催!!
    0

      テキスタイルコース2回生有志の「テキスタイルのすみっこ展」がCOCON烏丸のkara-S(カラス)ギャラリーにて開催致しますきらきら

      小山佳夏さん、鈴木彩子さん、西田葵さん、冨田みの里さん、湊美結季さん、山下茜里さんが出品されますヤッタv

      是非、ご覧下さいさくら

       

       

      下記は、karas-Sギャラリーのホームページより

       

      「すみっこ」にそっと飾れれる程の小さな作品を複数展示することにより、各々の個性を発揮できるような展示を試みています。様々な技法を用いた作品を是非ご覧ください。


      [期間]2017年2月20日(月)〜26日(日) ※21日(火)はCOCONKARASUMA休館日のため休み。
      [時間]11:00〜20:00 (※初日13時から、最終日18時まで)
      [場所] kara-Sギャラリー

       


      出展作家
      《テキスタイルコース二回生6名》
      215T005小山佳夏 215T009鈴木彩子  215T011冨田みの里
      215T012 西田葵 215T017湊美結季 215T020山下茜里
      twitter:@seikatex_2015

      |17:12| 展覧会情報 | - | - | posted by textile -
      北山善夫先生が主催する展覧会「創造的ドローイング 作家になるために」が開催!!
      0

        北山善夫先生が主催する展覧会「創造的ドローイング 作家になるために」が開催致します笑う

        本展は、京都精華大学の授業「ドローイング」の成果発表として開催しますきらきら

        2月11日(土)14:00〜は中ハシ克シゲ氏(京都市立芸術大学 教授)をお迎えして、公開合評を行いますおいしい

        是非、ご覧下さい♪

         

         

        下記は、ギャラリーフロールのホームページより

        創造的ドローイング ―作家になるために―

        会期:2017年2月6日(月)〜11日(土)
        休館日:なし
        開館時間:10:00〜18:00
        入館料:無料
        会場:京都精華大学ギャラリーフロール
        主催:北山善夫

        関連イベント
        中ハシ克シゲ氏(京都市立芸術大学 教授)をお招きして公開合評を行います。

        モデレーター:北山善夫
        日時:2月11日(土)14:00〜
        会場:京都精華大学ギャラリーフロール
        ※参加費無料

        概要

        創造的ドローイングが授業名であるが、この授業は「作家になるために」とサブタイトルにしている。ドローイングによって学生は自分の創造の限界に切り込んでいる。しかし、ドローイングは作品としては前段階である。だから最終的には作品も制作することになっている。展覧会というステージで、表現の統一現場を各学生は体験することになる。

        出品作家

        北山善夫

        (担当教員)

        《mirror specimen  #2》 2016年

        1948年
        滋賀県八日市市に生まれる
        1982年
        ヴェネツィア・ビエンナーレ’82(ヴェネツィア、イタリア)
        1983年
        第2回バングラディッシュ・ビエンナーレ(ダッカ、バングラディッシュ)金賞受賞
        2000年
        越後妻有アートトリエンナーレ(新潟県)
        2010年
        瀬戸内国際芸術祭(男木島、香川県)
        2015年
        八日市文化芸術会館「北山善夫展」(滋賀県)
        2016年
        国立国際美術館「エッケ・ホモ」(大阪府)
        2016〜17年
        森美術館「宇宙と芸術展」(東京都)

        参加学生

        小田川柚子、城土井里奈、菊池美香、崎原倫太郎、武智 陸、北浦絵里、桑園 創、池野文香、梅本真衣、竹山真熙、村田のぞみ、西田 葵、津田悠治、野見山澄、野中瑞希、白井聡子、神頭優太、磯野 葵、村井真美子、爲本美咲、松本歓花、中西悠乃、直本樹生

        アシスタント

        大江芹香

        |18:00| 展覧会情報 | - | - | posted by textile -
        竹内優美先生がみやこめっせで開催される「布博」に出品!
        0

          竹内優美先生が京都市勧業館みやこめっせで開催される「布博」に出品されますさくら

          会期は、2月4日11:00〜17:00、5日10:00〜16:00までニコッ

          是非ご覧下さいきらきら

           

           

          下記は布博ホームページより

          2017年、“布”にまつわる一流の作り手たちが京都を彩ります。

          2013年2⽉に産声をあげた「布博」。美しいデザインに触れることや装うことの素晴らしさ、布を⽤い⾃らの⼿で暮らしを彩ることの楽しさを伝えたい。その⼀⼼で作りあげた布博も、2017年で5年⽬を迎えます。5年⽬の布博のテーマは「世界」。⼿紙社が誇る、テキスタイルデザイナー、刺繍アーティスト、織り作家、⼿芸⽤品店が集まる、世界⼀の“布”の祭典「布博」にみなさまをご招待します!

          開幕第⼀弾の開催場所は京都! 出展ブースの他にも、楽しいコンテンツが盛りだくさん。⼤⼈気のブローチ博、靴下パーラーも開催しますよ! その他にも⼼地いい歌声が響き渡るライブや、⾒て楽しい⾷べて美味しいフードが並びます。

          2017 年春、⼿紙社が世界に誇る、華やかで美しい“布”の世界で、あなたをお待ちしております。

          nunohaku6

          [ 布博 in 京都 vol.4 概要 ]
          日程:2017年2月4日(土)、5日(日)
          時間:4日(土)11:00〜17:00/5日(日)10:00〜16:00
          開催場所:京都市勧業館みやこめっせ
          京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
          入場料:500円

          [ 主催:手紙社について ] 
          編集チーム。「イベントの企画・運営」「店舗の運営」「本の発行・編集」の3本柱を軸に活動。「もみじ市」「東京蚤の市」「布博」「カフェ&ミュージックフェスティバル」を企画・運営。東京都調布市にて3つのお店「手紙舎」「手紙舎 2nd STORY」「本とコーヒー tegamisha」を、台北にて「手紙舎台湾店」を経営。著書に『活版印刷の本』(グラフィック社)『レトロ印刷の本』(グラフィック社)『かわいい印刷』(パイインターナショナル)、自社雑誌に『LETTERS』がある。

          [ お問い合わせ先 ]
          手紙社
          042-444-5367
          info[at]tegamisha.com
          http://tegamisha.com/

           

           

          布博Shop Indexページより

          YUMI TAKEUCHI

          ハンドプリントで描き出される「YUMI TAKEUCHI」のテキスタイルはどこかレトロでポップ。様々な色や模様が布の中で楽しそうに重なり、見る人をワクワクとした気持ちにさせてくれます。お出かけがもっと楽しくなるような、身につける人をぱっと明るくしてくれるようなアイテムたちにぜひご注目ください。
           
          yumitakeuchi_03

          yumitakeuchi_04

          yumitakeuchi_05

          【YUMI TAKEUCHI 竹内優美さんに聞きました】

          01 ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
          竹内優美と申します。埼玉の小さなアトリエでシルクスクリーンによる布を日々制作しております。「PRINT WORKSHOP」という生地ブランドのデザインもしております。

          02 作品(商品)の見どころを教えて下さい
          全てハンドプリントで自ら染めております。色の重ねの美しさを大事にしています。素材、色、形の色々を手にとってじっくり見ていただきたいです。

          03 会場ではどのようなディスプレイでお客さまを迎えてくださいますか
          布そのものはもちろん、小物類などもたくさんお持ちする予定です。

          04 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします
          会場でお会いできるのを楽しみにしております!

          YUMI TAKEUCHI
          http://yumixxx13.jugem.jp

           

           

          |20:48| 展覧会情報 | - | - | posted by textile -
          玉井佐知先生の個展がホテルアンテルームにて開催!
          0

            玉井佐知先生の個展「人間をみる」がホテルアンテルームにて開催致しますおねがい

            1月28日17時〜はレセプションパーティーも開催致しますきらきら会期は1月22日〜2月19日までニコッ 

            是非ご覧下さい笑う

             

             

             

            下記は、ホテルアンテルームのホームページより

             

            玉井佐知 個展「人間をみる」

            展覧会名:玉井佐知 個展「人間をみる」
            会期:2017年1月22日(日)〜2月19日(日)
            時間:12時〜19時(最終日は17時まで)
            レセプションパーティー:1月28日(土)17時〜19時

             

            この度、ホテルアンテルーム京都では、1月22日(日)から2月19日(日)まで、

            京都を拠点に活動する染色作家・玉井佐知氏による個展「人間をみる」を開催致します。

            本展では、「にんげん」「じんかん」といった二重の意味を含ませた「人間をみる」というテーマを、

            日本の伝統的な染色技法「型染め」を用い表現した新作を含む、約15点を展示いたします。

            1月28日(土)には作家を交え、レセプションパーティーを開催いたします。

            是非この機会にご高覧くださいませ。
             


             
            たとえば、ひとがひとである喜び。
            わたしと他者、それをとりまく現代社会。
            自分自身の内面。いのちの循環。
            人間とかいて「じんかん」と読む。
            これは人間そのものではなく、ひととひととの間、つまり人の世を指す。
            ひとを描く行為は糸口となり、「間」に潜む目には見えないがそれらを繋ぐものを意識する。
            「間」があるからこそ人間は存在する。
            ひとが向かう先はどこにあるのだろう。
            日本の伝統的な染色技法、型染めを用い、布に染み入る色や滲みや現象を楽しみながら、わたしの思いを形にする。

             

            玉井佐知
             


             
            会場
            ホテル アンテルーム 京都 GALLERY9.5  (担当:上田/鈴木)
            www.hotel-anteroom.com
            〒601-8044 京都市南区東九条明田町7番地図
            TEL: 075-681-5656

            |18:26| 展覧会情報 | - | - | posted by textile -
            舘正明先生の作品が第3回金沢・世界工芸トリエンナーレに選出!
            0

              舘正明先生の作品が「第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ -進化する工芸-」に選出されましたきらきら

              金沢21世紀美術館にて作品が展示されます太陽会期は2月11日(土)までヤッタv

              是非ご覧下さいonpu03

               

               

              下記は、第3回金沢・世界工芸トリエンナーレのホームページより

              詳しくは、上記ホームページをご覧下さい。

               

               

              第3回金沢トリエンナーレ

               

              「第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ」は、時代とともに変化し拡がる工芸芸術を世界的視野で捉え、

              表現力豊かな新しい工芸芸術作品を紹介する公募展を行います。

              公募展「金沢・世界工芸コンペティション」は、“工芸の新しさ”を世界へ発信する国際コンペティションです。

              このコンペティションでは、工芸の世界で培われてきた技術を活かし、卓越したコンセプトやアイデアによって生まれた、

              表現力豊かな芸術作品を求めます。工芸的な技術を極めただけでなく、表現物として、時代のイメージや深層を鋭く捉えた

              芸術工芸作品を求めます。対象となる技法材料は、陶磁、金属、染織、漆、人形、木、竹、ガラス、革、七宝、紙、

              その他とします。新しい時代を予感させる作品の応募をお待ちしています。

               

              「KOGEI」について
              一般的な意昧において日本語の「工芸」は英語の「Craft」に対応し、同意語として英訳される。

              しかし、その単語が指し示す意昧内容やそれらが形成されるに至った歴史的経緯は、かなり異っている。

              そこで、本トリ工ンナーレでは、「Craft」という用語の代わりに、日本語の「工芸」をそのまま「KOGEI」と

              アルフアベット表記し、それが含む意味内容を損なわないように配慮した。
              日本語の辞書によれば、「工芸」とは「日常生活に使用される道具類のうち、材料、抜巧、意匠によって美的な効果を備えた物品。

              またその制作の総称」、「手先の技術を要する職業、仕事」と定義されている。

              しかしこのような定義だけでは現在の工芸の在り様を指示しているとは言いがたい。

              今の工芸は産業と芸術が一体化していた時代から隔たり、二通りの方向に引き裂かれて存在している。

              一つは、産業から袂を分かち発展した、芸術としての工芸である。これは作家性によって統合される造形物で、

              鑑賞を主な目的とする。二つ目は、人間関係の形成に寄与し、人が集う場所をつくる装置としての茶器、食器、

              また対話を形成するための造形物などがある。
              本トリ工ンナーレでは、「KOGEI」という用語を、辞書的な定義に加えて、この二通りの、

              今日までの歴史的発展の経緯を踏まえた意味も含めて用いることとする。

               

              第3回 金沢・世界工芸トリエンナーレ

              • 公募展:2017金沢・世界工芸コンペティション
                企画展:金沢の工芸コレクション
                会 期:2017年1月21日(土)〜2月11日(土)10:00-18:00
                   ※会期中無休
                会 場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA, B 
                監 修: 秋元 雄史

              金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会 事務局 
              〒920-0961 石川県金沢市香林坊2-4-30 香林坊ラモーダ 8F 
              TEL/FAX:076-234-5250 
              E-mail : contact@kanazawa-kogeitriennale.com

              |21:29| 展覧会情報 | - | - | posted by textile -
              あけましておめでとうございます
              0
                もう既に明けきっていますが…あけましておめでとうございまーす。今年もがんがんこのブログを更新して、テキスタイルコースをアピールゆう★していこうと思いマーースきらきら

                そんな感じの今日のテキスタイル〜〜〜
                今日は4年生の講評会でしたヤッタvこれが学生で作る最後の作品となりましたが皆やりたいことができたかな??



                4年生になると作る作品のサイズも半端が無いのでいつも講評会で使ってるお部屋では収まりきりませんDocomo_kao17といっても今ブログで全部公開してしまうとネタバレになってしまうので、来月の卒展まで乞うご期待キラキラ!!!

                3年生もいよいよ大詰め今までたくさん用意した商品案を更に絞ってサンプル作りに入っていきます。
                今回の初めてのカリキュラムでみんな今までと勝手が違って手こずっていたかもだけど、だんだん慣れて来たかなゆう★
                 

                2年生は自由課題になって技法ごとに作業が進められていってます

                各自がペース配分を考えて講評日に向けて頑張ってます。そのお知らせもまた後日ブログでupしまーーすゆう★ハート

                1年生は引き続きフェルトです

                フェルトで立体を作るのはなかなか重労働みたいで…でも着々サンプルも作り上げて思うように作り始めている見たいです顔kiraゆう★

                こんな感じでそれぞれが今年度最後の講評会にむけて作品を作っていますえへ
                まだ時間はあるので体調管理には気をつけて(風邪流行っているんで…パンダ)良い作品をつくりましょうゆう★


                 
                |18:17| - | - | - | posted by textile -
                今年最後の更新です。。。。。。。。。
                0
                  こんにちは〜〜今年もあと今日いれて5日で終わりですね〜〜今年はどんなふうに過ごせましたか??
                  筆まめではない投稿者ですが、このブログ更新今年は頑張ったな〜〜〜〜、、、と自画自賛しちゃいますkyu!!来年もこの調子で続々更新したいと思いますキスネコ

                  というわけで今年最後の更新はじめまーす
                  では1年

                  前は平面のフェルト化のデモンストレーションがありましたが、今回は立体のフェルト化のデモンストレーションです

                  身につける為にどんな植物をどういう風にデザインしてどんな形になるのか楽しみです拍手星

                  お次ぎは2年

                  使う技法の方向性や

                  何を作りたいか徐々に決まっていく子たちはそれぞれサンプルや下図の構想に入ってもらってます。今回はサイズも自分たちで設定してもらので個々に大きさが異なってきます。

                  3年生

                  産学共同で実際には作品は作ってないのですが自分の考えたものを商品化するにあたり、どういったお店に、どんな素材を使ってどんな物を売るのかというプロデュースする力をやしなっていますゆう★
                  最後4年生

                  年明けたら講評会な上に、図録の為の写真撮影会もあるので、超、超忙しく頑張っていますキラキラキラキラ

                  こんな感じで慌ただしく今年を終えますが、年明けも頑張って今の作品を良い物に仕上げましょうびっくり
                  それでは良いお年を顔






                   
                  |14:39| - | - | - | posted by textile -
                  霧の中を行く。。。。
                  0
                    ど〜もこんにちはゆう★タイトルに書いた通り今朝は霧がすごかったです〜〜〜ゆう★投稿者も今朝くる時電車が遅れてやってきました笑

                    先週よりちょっと暖かくなりましたがそれでもまだまだ気は抜けないですね矢印上矢印上というわけできょうのテキスタイルでーす
                    今週は1年2年が新しい課題に取り組み始めました。1年生はファイバー2年は自由制作に入りました。

                    では1年生から

                    今回の課題で1年生はフェルトを使ってジュエリーを作ります。モチーフは一貫して植物エクステンション今週の月曜日には皆で植物園にスケッチに行ったりしましたき

                    とりあえずサンプルを作っていますが染色されている原毛を少しずつ自分の好みの色を選択して混ぜ合わせます

                    なんだかあったかそうですね〜〜〜ヤッタvハート

                    そしてひたすら縮絨しています。いや〜〜暑そうですね〜〜〜〜ふふっ。ほっしぃ

                    もうごしごししないとフェルト化しないんですよ〜ショボン




                    お次ぎは2年生ですが、まだ始まったばかりなので写真が少ないんです〜〜Docomo_kao3Docomo103

                    今回の課題から自由課題になったので、それぞれ今まで習って来た技法から自分のやりたい技法を選んでもらって、課題に取り組んでもらいます。
                    今はまだアイディアスケッチをしている段階ですが、徐々に作業が進んで来たらその報告もブログを通してお知らせ致しマースびっくり
                    乞うご期待ゆう★

                     
                    |14:25| - | - | - | posted by textile -
                    卒業生の加國悠里さんの作品が日展 工芸美術部門に入選!!
                    0

                      卒業生の加國悠里さんの作品が日展 工芸美術部門に入選致しましたきらきら

                      国立新美術館での展示の後、12/10(土)〜は京都市美術館に巡回致しますニコッ

                      是非ご覧下さい笑う

                       

                       

                       

                       

                      下記は京都市美術館ホームページより

                      改組 新 第3回日展京都展

                      日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け,

                      全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元関係作品約540点を展示。
                      ■会場:本館1F北,大展示室,2F全室

                       

                      12月10日(土)〜1月15日(日)
                      ※12月10日は午前10時より開会式
                      ※休館日は12月28日〜1月2日と月曜日(祝日の場合は開館)

                      大人1,000円(800) 高大生600円(500) 
                      ( )内は前売り及び20名以上の団体料金
                      次の①〜④の方は無料
                      ①中学生以下の方
                      ②京都府下・滋賀県下に在住または通勤・通学の3月末18歳以下の方
                      ③京都市内在住の満70歳以上の方
                      ④障害者手帳等を提示の方

                       

                      < 改組新第3回日展京都展関連イベント > 
                      期間中,日展作家によるイベントを開催します。 >>>イベントスケジュールはこちら

                      (お知らせ) 
                      12月11日(日)14:15からの工芸のギャラリートークの担当作家は,服部峻昇先生から村田好謙先生に変更になりました。 
                      12月18日(日)10:30からの書のギャラリートークの担当作家は,吉川蕉仙先生,吉見靖子先生の2名に変更となりました。 
                      1月6日(金)14:15からの書のギャラリートークの担当作家は,真神巍堂先生から佐々木宏遠先生に変更になりました。


                      ・ ワークショップ(制作体験) 
                      日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の各科の出品作家とともに作品制作を体験し,素材や技法,表現についての理解を深めます。 
                      ※彫刻・日本画・洋画(A)ワークショップは受付を終了しました。工芸・書・洋画(B)ワークショップは定員に達するまで先着順で申込みを受付しています。 
                      >>>くわしくはこちら

                      申込み方法: 
                      ハガキ,Eメール又はFAXに①ワークショップ名、②氏名、③住所、④年齢、⑤電話番号を記載し応募してください。

                      〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124 京都市美術館 
                      FAX:075-761-0444 
                      Eメール:bijutsukan@city.kyoto.lg.jp 

                      ・ 出品作家によるギャラリートーク(作品解説) 
                      本展会期中,展覧会場で出品作家が解説を行います。観覧券をご用意の上,当日直接会場へご来聴下さい。


                      ・ 映像による解説会 
                      出品作家と学芸員が各科のみどころを解説し,出品作品をめぐってトークをくりひろげます。どなたでもご参加いただけます。
                      >>>くわしくはこちら 

                      ・ 視覚障害者のための「手で触れる日展」 
                      日展京都展の彫刻作品の一部を手で触れて鑑賞します。 
                      日時:12月25日(金)10:00 - 12:00 
                      講師:木代喜司・谷口淳一 
                      問い合わせ:京都府視覚障害者協会文化部「手で触れる日展鑑賞会」係 Tel:075-462-2414

                       

                      詳しくは、京都市美術館ホームページ、または公益社団法人 日展ホームページをご確認下さい。

                       

                       

                      |14:32| 展覧会情報 | - | - | posted by textile -
                      | 1/60 | >>
                      LATEST ENTRY
                      ARCHIVE

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.