| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

京都精華大学 テキスタイルコース


テキスタイルコースのブログ式ホームページです!!!

授業風景や在学生の制作風景、展覧会のお知らせなどお伝えしていきます♪♪
只今学修成果の確認発表中〜〜〜
0

    台風が近づいている(?)せいで蒸し暑い今日この頃。皆様もう京都精華大学内の色んなコースの発表展は見に行きましたかヤッタvヤッタv

    明日までとなっておりますがテキスタイルコースも光彩館、春秋館、本館、食堂と色んな場所に展示してますのでまだエクステンションご覧になってない方はぜひぜひお脚をお運び下さいエクステンション

     

    では正式にはまだ夏休みに入っていないはず……(だって試験期間中だもの)なので前期最後のテキスタイルコースの風景をお知らせしま〜〜〜すゆう★!!

     

    まずろう染めの1年から

    前期2回目のテキスタイルコースは野菜をモチーフにろう染めの作品を作りました。この授業を選択した1年生たちが約8週かけて作り上げた作品を1人ずつ自分の作品の横に立って「どうしてこの野菜を選んだのか」とか「どんなふうに構図を組み立てた」とか「ろう染め楽しかった〜〜笑(思ってくれてたらいいなぁ)」とか一言ずつ作品の発表をしてもらいました。

    この授業を担当してくださった先生やテキスタイルコースの専任の先生にも見て頂いてコメントもいただいましたセリザワさん

     

    さてではお次2年生

    今回はいつもの講評会で使っている教室じゃなくて2階の染め場を奇麗にして発表会場をつくりましたkyu 作品は協力な磁石で張り付けてマース矢印

    これまで作った作品、特に帯なんかは『自分の為に作る』という意識のほうが強かったと思うけど。

    今回の課題では初めて『誰か』の為ということを意識する第一歩になったかな?

     

    お次ぎ3年

    3年生は「テクスチャー」を課題として作品を制作しました。

    テキスタイルコースは繊維が身近ににあるコースです。そこにある生地を使って染めるだけでなく、生地そのものを比較し選択したり一工夫加えてオリジナルの生地を作ったり、より質感や手触り、見た目に拘ってこの課題に取り組みました。

    前回がコミュニケーション今回はテクスチャー…このように自分自身の技術を高めていくのと同時に、内側の世界から外側の世界へと作品を展開していけたらと思ってますさくらんぼ

     

    ラスト4年生

    4年生ではこれまでの集大成である卒展に向けて活動していかなければなりません。

    もちろん就活に教職を取っている学生は教育実習にもいかなきゃならないし前期は1課題だけだとしても大忙しでした。

    でもこの前期の展示をとおして制作のスケジュールの組み立て方、展示方法、展示場所での工夫(なんせ今年から卒展の会場はこの京都精華大学なのだ)を学べたんじゃないかな!?

    去年とは色々勝手が違ってくるだろうから皆夏休みを使って最高の作品を作って下さいネコハート

     

    以上2017年度前期のテキスタイルコースの活動でした。後期は後期で乞うご期待ゆう★

     

    |16:54| - | - | - | posted by textile -
    青花を摘みに滋賀県へ
    0

      暑い毎日がつづいておりますι(´Д`υ)が、今日は曇り空(*´▽`*) 昨晩の雨も影響し、やや涼しめの気温となりました。

       

       

      絶好の青花摘み日和です!!!✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌☆★☆★☆

       

       

      糸目友禅の下絵の際、「青花」を使い、筆で描いていきましたね。

       

      青花の産地である滋賀県の草津市。

      青花紙が出来るまでの工程や歴史を知ることができる貴重な1日になるはずです(''ω'')ノ!

       

      今年も2年生希望者と大学院生が参加致しました〜。

       

       

      早朝八時に草津駅集合です! 

       

       

       

       

       

      まずは滋賀県立湖南農業高校へ。

       

      お邪魔致します!!<(_ _)>!!

      早速青花畑へ。

       

       

       

       

      湖南農業高校では青花の栽培を実際されていて、先生や生徒さんによって毎朝収穫されるそうです。

       

      草津でしか作ることができない「青花」。

      その栽培技術を受け継いでいくために、草津市や栽培農家さんとの交流を持ちながら、取り組みをされているとのこと。

       

      薄いブルーが非常にきれいです。

      摘んでいるみんなの手もブルーに染まりました(*´▽`*)

       

       

      袋いっぱいに摘む意気込みで収穫を始めたものの・・・

      タイムリミット〜〜〜!!!(''◇'')ゞ。。。

       

       

      30分でひとり25gほど・・・(;'∀')

       

      青花の収穫は7月〜8月の一番暑い時期。

      お昼には花びらがしぼんでしまうため早朝行われるそうです。

       

      わたしたちは30分で汗水だらだら・・・

      曇り空に関わらず。

      それでたったの25g!!!

       

      500mlのペットボトル1本分の青花液をつくるには、約2kg必要なのだそうです・・・!!

      ああ。。。気の遠くなるような量ですね(-"-;A ...

       

       

      実習室に案内していただき、栽培の仕方や青花染めのお話を伺うことができました。

      青花染めの染物としてストールも見せていただきました。

       

      青花色素は水に溶けやすい性質があるため、友禅などの下絵を描く際に重宝されていますが、

      染料液として活用されているとは驚きですね(*ノωノ)

       

      さらにこれは最近のおはなしですが、

      薬草としての健康成分が青花から発見され、食品展開も沢山されているようです((((oノ´3`)ノ

       

      青花は可能性を秘めた植物なのですね〜〜〜!!!

       

       

       

       

      大変貴重な時間となりました。

      校長先生、小林先生、本当にありがとうございました<(_ _)>☆★☆★

       

       

       

       

      さてさて次は

      農家さんの畑に訪問です!!!!!

      みてください

      この大自然・・・°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

      琵琶湖からでしょうか、涼しい風が吹き抜けていきます✨°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖✨

       

      高校とはまた一味違う環境で、

      こちらでも青花摘みをさせていただきました。

       

      さぁ皆さんいっぱい採ってくださいよ〜〜〜(*´▽`*)

       

       

       

       

       

       

      花の摘み方や歴史は高校で教えていただきましたが・・・

       

       

      実際私たちが使っている「青花紙」ってどうやって作っているんでしょうね?

       

       

      青花を育て、青花紙をつくられている中村さん。

      大正時代には青花紙を作る農家は500を越えるほどあったそうですが、

      今はこちら1軒のみです。

      着物の需要が減り、下絵描き用の化学染料が普及したなどの理由からだそうです。

       

       

      今年の青花紙の生産は終わっていましたので、実物を見ることは出来ませんでしたが、

      道具や写真を見せていただき、

      丁寧に説明をしていただき、感激でした°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

       

      採った青花はふるいにかけて、花粉などをおとしていきます。

       

      その後ボールに入れて、手で揉んでいくんだそう。

      そして絞ります。

       

       

      この板の上に和紙を置き、

      液状になった青花の汁を刷毛で塗っていくんだそうです。

       

      塗る→乾かす

      の作業を約80回!!!!( ゚Д゚)!!!!

       

      根気のいる、大変な作業です。

       

       

       

       

       

      中村さんご夫妻が精魂込めて作っておられる青花紙をわたしたちは使っていたのです。

       

      ルーツを知ることでものの見方が変わってきます。

      実際の制作にも影響してくることでしょう。

       

      すばらしい機会をいただき、感謝しています。

       

       

       

      ありがとうございました!!!!

       

       

       

      |22:30| - | - | - | posted by textile -
      またまた展覧会のお知らせ〜〜〜
      0

        こんにちはkyu梅雨があけてとってもとっっても暑い日が続きますね〜〜太陽

        テキスタイルコースが使ってる建物は背中に山を抱えているのでもう蝉の声もわんさかわんさか…蝉

        夏の風物詩というか、、、いやでも限度って物もさふふっ。…あるじゃない?

         

        そんなこんなで展覧会のお知らせで〜〜す。

         

        前回の投稿でもお知らせ致しましたが、明日から京都精華大学内のギャラリーフロールでテキスタイルコースの院生1年,2年が展覧会が始まりますのでぜひぜひ御高覧頂けたら幸いですha-to

         

        そして今回お知らせ致します展覧会では4年生の垣内文子さんがグループ展をなさります星星

        染料独特の透明感を活かしてオリジナル技法で布を染め上げた不思議な画面  気になるお方はお足をお運び下されゆう★kirakira

        では下記に詳細を載せます

         

        日時:2017/07/25(火)〜07/30(日)

        時間:12:00〜19:00 最終日のみ18:00

        場所:京都市東山区三条白川橋上ル石泉院町394戸川ビル3F galerie16

        |19:04| - | - | - | posted by textile -
        展覧会のお知らせ
        0

          最近は蒸し暑いですね〜〜皆サマいかがお過ごしですかkyu

           

          本日は京都精華大学の敷地内にあるギャラリーフロールで開催される展覧会についてのお知らせでーす矢印上矢印上

          同じ会場、同じ期間に同時開催されるふたつの展覧会エクステンションエクステンション

          まず一つ目

          テキスタイルコースに在籍している院生1年と2年の「2017年テキスタイル院生展part1」ですゆう★

          1年4名、2年2名の学生とはひと味違う個人の研究や探求をそれぞれの視点で表現した前期成果発表展ですき

          開催期間2017/7/21〜2017/7/21 休館日7/23(日)10:00〜18:00  入館無料

          7/21…アーティストトーク16:00〜 レセプション16:30〜

           

          そして2つ目

          こちらは、19世紀後半のロンドンで日本美術に感化されたデザインスタジオの一つシルバースタジオが1880年代〜1890年代にかけて商業的に新しいデザインをつくるきっかけになった型紙を使ったインテリアテキスタイルの展覧会です。

          シルバースタジオのデザイナーが自ら収集した型紙にどんなふうに触発され、デザインに取組んだのかを感じてみてくださいニコッkirakira2

          開催期間2017/7/21〜2017/7/21 休館日7/23(日)10:00〜18:00  入館無料

          7/21…レクチャー16:00〜 講師Mamiko Markham/MoDA レセプション16:30〜

           

           

           

          |19:28| - | - | - | posted by textile -
          有松絞り③
          0

             

             

            日が開いてしまいましたが有松絞り見学3つ目は久野染工場

            を見学させていただきました。

             

             

            久野染工場は、代々受け継がれてきた有松絞りの商品はもちろんのこと、

            その伝統技術を生かしファッションやインテリアなど様々なジャンルに進出されています!

             

            まず最初に工場を見学させていただきましたきらきら

             

            ここでは絞りによってできる特有の形状記憶を生かして、Tシャツなどの様々な商品を作っています。

             

            形状記憶のための大きな装置がたくさんあったり、その機械の仕組みまで丁寧に説明していただきました

            また、家庭でも簡単に形状記憶の布が作れる方法も教えていただきました!

            早速次の課題に生かしている生徒もいます!

             

            また、実際に絞りにより形状記憶の商品も見せていただきましたニコ

            全部違う形の形状に形状記憶されていて、驚きの連続でした・・・

             

            今回有松絞りについて一から歴史を学んだり、実際に有松絞りの商品を見たり触ったりすることで

            絞りというものにはこんなにも魅力があったんだと改めて感じることができました。

            貴重な体験が多く見学に参加できてよかったと感じました!

            これから有松絞り見学会で学んだことを作品に生かしていけたらと思います。

             

            有松のみなさま見学させていただきありがとうございました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            |19:43| - | - | - | posted by textile -
            最近のテキスタイル〜〜
            0

               

              全学年、7月末の合評に向け制作に励んでいます〜!

               

               

               

              まずは1回生から

               

              先週に引き続き臈纈染、野菜をテーマに制作していますニコッ

               

              今週から染め始めましたよ〜

              自分の作品の色になるように染料を混ぜ合わせています

               

              何度も試し布に染めて、自分の作品の色になるように試行錯誤していますonpu03

               

               

               

              染めたくないところに蝋を置いて、防染していきます

               

              蝋染め専用の蝋を電気鍋に入れて溶かし、

              それを筆にとって少しずつ置いていきます

               

              温度が下がりすぎると、

              蝋が固まって作業ができなくなってしまうので温度管理もとても重要です!!!Docomo_kao8

               

              蝋が薄いとしっかりと防染することができません

              それを逆に生かして作品にしたり、

              蝋の上をひっかいてまた再度染めたりと表現は様々ですクローバー

               

               

              一度染めると完全に乾くまで蝋を置くことはできません

              絶賛乾燥中です 1回生は来週も引き続き染めていきます〜

              どんな作品が完成するか楽しみですstar

               

               

               

              次は2回生〜

               

              今回はインテリアファブリックとしてカーテンに挑戦!!晴れ

               

              テーマは○○(誰か)のためのカーテンです  

               

              技法は蝋纈染めとシルクスクリーン自分の作品にあったものを選択します

               

              約2メートルの大きな作品に取り組んでいます

              今週は各自アイデア出しに励んでいました

               

              ペンタブを使って描いたり、筆を使って描いたものを大きくコピーしたり

              コラージュしたりと自分の表現する形を探ってる様子でした〜〜〜

               

               

               

               

               

              三回生はテクスチャーをテーマに制作をしています

               

              人と人がふれあったときの感触を臈纈染で表現したり

              こちらはチャンチンという道具を使って蝋を置いていますニコ

               

               

              大きなダチョウを描いてそれぞれ頭、体、足のパーツに分けて

              布の素材を変えてテクスチャーの違いを表現しています

               

               

               

               

              4回生はプレ卒展に向けて!

               

              蝋纈染めで着物を作っていたり!!

              仕立ても自分で行いますよ〜〜

               

               

              羊毛フェルトで立体作品を作ったりしています!! 

              色んな色のフェルトがたくさん!!

              ふわふわの羊毛をぬるま湯をつかってフェルト化していきますよ〜

              糸やフェルトは自分で染めて出したい色を作っていますハート

               

               

               

               

               

              合評まであと少し!!体調管理に気をつけて頑張りましょう!!にじ

               

               

              |19:25| - | - | - | posted by textile -
              KI.NI.NA.RU
              0

                こんにちは〜〜連続投稿でしつれーしまーーすkyu 再びやってきた投稿者ですがもうしばらくお付き合いくださいな♪

                 

                今月は授業の方も1課題が終わって次の課題へー…だったりオープンキャンパスがあったりとなかなか忙しい月になりました。

                遅くなりましたが、6/18に京都精華大学のオープンキャンパスに来て頂いた皆様ありがとうごぜいました!!

                次回は7/29.30と二日間ですきゃvネコ  学生の新しい作品などもたくさん展示しますのでよろしければ見に来て下さいゆう★ゆう★

                 

                ではでは怒濤の6月だったテキスタイルのはじまりはじまり〜〜ゆう★矢印上

                 

                まずはメチエ教育 蝋染めの1年生今回のモチーフである野菜を紙の上でまず構成を考えて、着彩して本番の蝋置き、染色の順番を考えていきます筆

                どんな風に構成してくるか楽しみですね〜〜kyuき

                 

                 

                お次は2年生 友禅の次の課題、帯が完成しました〜〜〜ゆう★きらきら

                 

                講評にむけて準備しているところです紫陽花

                お互いの色身を見ながらどの順番に展示していくかを考えています花花 

                そして実は講評日の前日に箔なんかも帯のお太鼓にくる場所にはってゴ〜〜ジャスキラキラキラキラにしちゃってます

                 

                 

                更に3年生キラキラ

                3年生は5月末ですが、前期の最初の課題の講評会がありました。お題は「コミュニケーション」

                シルクスクリーンで制作する学生が先生と今回の作品に使う表現を模索していってますにっこりネコ

                こちらでは、具体的な構想ができたみたいで着々と素材を組み合わせていますネコ

                っち 密かに撮っていたのがばれてしまったセリザワさん コミュニケーション不足かゆう★なんちって

                そして始まる講評会……みんなそれぞれが考えた「コミュニケーション」を発表していきますキャッ

                まさしく体感する「コミュニケーション」手kira 

                 

                 

                そしてラスト4年生

                4年生は前期に1課題、後期に1課題しかも展示場所がいつも使っている光彩館だけではありませんびっくり

                7/31〜8/5まで展示をすることで後期の卒展にむけての意識を高めていきます顔文字

                このもふもふ達をいまから染めていきますゆう★ 糸やフェルトで制作する学生は自分で染めることで、その時その時必要な色を用意していきます星星

                専攻している技法で作業を進めていくので各学生自分のスケジュールをしっかり管理してもらってますゆう★

                とは言っても講評日まであと1ヶ月ほどなので皆さん頑張りましょう拍手拍手

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                |17:44| - | - | - | posted by textile -
                展覧会のお知らせ  〜祇園祭り〜
                0

                  ようやく梅雨らしくなり始めた今日この頃…皆様いかがお過ごしデスか雨投稿者は相変わらず湿気に参っていますしょんぼり・・・

                  とはいえようやく降って来た雨に悪態はつけぬ〜〜Docomo_kao18ぼちぼちテンション上げていきまっショ矢印矢印

                   

                  そんな感じで今回は来月から始まる京都の三大祭りの一つ祇園祭にちなんだ展覧会のお知らせをしま〜〜す!!!(ちなみにこの記事を見ている皆様は残りの2つのお祭り分かるかしらんちゅんハート

                   

                  今年で9回目となる染・清流館の祇園祭展♪♪京都精華大学テキスタイルコースの卒業生で作家活動もしている大村優里さんも

                  出品します。お祭りに行くその足でちょこっとのぞいてみてはいかがでしょうDocomo108総勢8名の作家さん達の祇園祭りへの思いも

                  感じられるかもしれませんよkyukirakira

                  2017/6/30(金)〜7/24(月)

                  第9回祇園祭展

                  〒604-8156 京都市中京区室町通錦小路上ル山伏山町550-1明倫ビル6階

                  染・清流館

                  |15:21| - | - | - | posted by textile -
                  有松絞りパーティーーーーー!!!!
                  0

                     

                     

                    こんにちはニコッきらきら

                     

                    有松に絞り染めを体験しに行った私たちは

                     

                    後日学内で「絞り染めパーティ」を開催しましたエクステンションエクステンションき

                     

                    有松で学んだ技法を使って手ぬぐいやハンカチを染めます

                     

                     

                    染めたい布を適当な幅で三角や四角に折りたたんでいきます♪

                     

                     

                     

                     

                    この鍋に巻いているものも「嵐絞り」という絞りという技法なんです!

                     

                    鍋ごと染料の海に沈めて染めます海

                     

                     

                     

                     

                     

                    染料作って〜〜〜〜〜

                     

                     

                    いざ一回目の絞り染めエクステンションエクステンションエクステンションエクステンションききき

                     

                     

                     

                    と、意気込んだのですが汗

                     

                    絞り染めに使われる”スレン染料”は今回初めて触れる種類の染料だったため

                     

                    配合を間違えてしまい、ほぼ色が染まらない状態ショック

                     

                     

                    その後、染色店のお兄さんが学校にて丁寧に原因を説明してくれました♪♪

                     

                    染めるために必要な液の分量が足りなかったようですショック

                     

                    次からは気を付けましょう頑張るくるくるくるくる

                     

                     

                    気をとりなおして染め再開エクステンションエクステンションエクステンションエクステンション矢印上矢印上

                     

                     

                    折りたたんだ布はこのように板に挟んで縛り付けますエクステンション

                     

                    そしてのまま染料の海にドボンエクステンション

                     

                     

                     

                    これは上記で述べた「嵐絞り」ですDocomo5Docomo5き

                     

                     

                     

                    出来上がりました〜〜〜〜〜Docomo_hart

                     

                    左が三角の板に布を折って挟み染料につけて染めたもので

                     

                    右が鍋に布を巻き付け染めた「嵐絞り」ですきらきらきらきら

                     

                    綺麗に出来上がりましたねヤッタv

                     

                     

                    現在この経験を生かして

                     

                    絞りの技術を使って課題制作をしている生徒もみられますエクステンション

                     

                     

                    どんな作品になるか楽しみですね紅葉

                     

                     

                     

                     

                     

                    |18:58| - | - | - | posted by textile -
                    有松絞り
                    0

                      前回に引き続き有松絞りについて書きたいと思います!きらきら

                       

                      竹田邸見学の次に見学させていただいたののはスズサンです。

                       

                      ここではスズサンの会社の紹介や商品の紹介だけではなく、

                      有松絞りの体験もさせていただきました。

                       

                       

                      スズサンは「有松鳴海絞り」を家業とする鈴三商店5代目の方が

                      ドイツ・デュッセルドルフで設立したオリジナルブランドです

                       

                       

                      有松絞りの伝統的な技術を身に付けるものだけではなく、

                      インテリア等の様々なプロダクトに展開されています

                       

                      斬新なプロダクトということで世界中からも注目されているブランドです!

                       

                       

                      今回は手軽にできる雪花絞りという絞りの技法を体験させていただきました

                      雪花絞りとは、板締め絞りという技法で

                      決められた部分を染めると染めると雪の結晶のようなきれいな文様が浮かび上がりますかわいい

                       

                       

                      まず布を三角におります△△

                      そしてその布を板と輪ゴムで挟みます!

                       

                      そして好みの柄になるように三角の部分部分を染めていきます〜笑う

                      どんな柄になるか楽しみですね!

                       

                       

                      板と輪ゴムをとってよく洗うと〜

                       

                      完成!!!

                       

                       

                      みんな思い思いのデザインで綺麗な雪花絞り手ぬぐいができました。

                      とても丁寧に教えてくださり、とても有意義な時間でしたきらきら

                      この体験を活かして学校でもう一度雪花絞りをしました!その模様もまたお伝えしますにじ

                       

                      スズサンの次は〜久野染工へ!

                      有松絞りへき

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      |19:56| - | - | - | posted by textile -
                      | 1/63 | >>
                      LATEST ENTRY
                      ARCHIVE

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.