| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

京都精華大学 テキスタイルコース


テキスタイルコースのブログ式ホームページです!!!

授業風景や在学生の制作風景、展覧会のお知らせなどお伝えしていきます♪♪
テキスタイルコース学生が大学祭最終日(11/3)にてTEXTILE PERFORMANCEを開催!!
0

    テキスタイルコース2年生有志のメンバーで企画/制作を行ったパフォーマンスショーが、

    京都精華大学 友愛館3階 Agoraホールにて開催されますきらきら

    色彩豊かな様々な素材の衣裳が舞うテキスタイルパフォーマンスですヤッタv

     

    日時:11月3日(木・祝)

    第一回公演 14:00〜14:20(開場 13:30)

    第二回公園 16:00〜16:20(開場 15:30)

     

    是非ご覧下さい矢印上

     

    |12:44| イベント | - | - | posted by textile -
    テキスタイルコース学生が駅ナカアートに参加!!国際会館駅で作品を展示中!!
    0
      テキスタイルコース2年生の谷口瑞歩さん、堀井彩菜さん、松本麻耶さん、マッラ明日菜さん、村田咲喜子さんが駅ナカアートプロジェクトに参加しています!
      中川裕孝先生の監修のもと、国際会館駅に作品が展示中ですきらきら
      この日は京都市の門川大作市長より感謝状の贈呈式がありましたさくら




      一生懸命に作品のプレゼンもしましたゆう★



      プレゼンボードの写真にあるカラフルな円形の作品が国際会館駅に展示されています。
      展示期間は、3月23日〜5月31日です。
      布にシルクスクリーンで色を重ねたとってもユニークな作品です♪
      1年生2年生で学んできた技術が活かされていますね手

      授業だけでなく、学外へも積極的に発表の機会をつくっています笑う
      展示に関することや、テキスタイルコースでの授業など、何でもお気軽にご質問等をお待ちしておりますさくら
      下記のテキスタイル研究室のメールアドレスにご連絡下さいニコッ
      ​textile4@kyoto-seika.ac.jp
      |17:36| イベント | - | - | posted by textile -
      河田孝郎先生、市村冨美夫先生、本田昌史先生がギャラリートークを開催
      0
        河田孝郎先生、市村冨美夫先生、本田昌史先生がギャラリートークを開催されます。
        ご多忙のことと存じますが、ご高覧いただき御出席賜りますようお願い申し上げます。







        ギャラリートーク
        日時:2015年5月16日(土)午後2時〜
        会場:染•清流館 
        河田孝郎
        市村冨美夫(京都精華大学教授)
        本田昌史(美術家)



         
        |17:59| イベント | - | - | posted by textile -
        加藤義夫先生 参加のアート講義が開催
        0
          加藤義夫先生が「アート談義/アートと建築」にパネリストとして参加されます。
          是非ご聴講賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。



          高須英輔展 

          会期:2015年5月1日〜6日
          開館時間:午前10時〜午後4時30分
          会場:黄檗山萬福寺•松隠堂
          入場料:1,000円(入山料500円を含む)
          ※重要文化財 非公開

          アート談義/アートと建築
          日時:2015年5月1日 開演/15:00〜

          黄檗山萬福寺
          http://www.obakusan.or.jp
          |16:11| イベント | - | - | posted by textile -
          テキスタイルコースの学生が「KYOTO駅ナカアートプロジェクト2015」に参加
          0
            テキスタイルコースの学生が「KYOTO駅ナカアートプロジェクト」に参加しています。
            地下鉄 国際会館駅の通路に学生達が作った大きな作品が展示されています。
            様々な空の写真から構成されており、見応えのある作品です。
            是非ご高覧賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。



            作品写真


            部分


            部分





            下記、京都市交通局ホームページhttp://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000179374.htmlより

            京都の9大学の学生が,地下鉄の9つの駅をアートでジャック!「KYOTO駅ナカアートプロジェクト2015」の実施について

             この度,京都市内の芸術系大学等9校及び京都市は,「大学のまち京都」「文化芸術都市京都」ならではの取組として,協賛企業及び後援団体の御協力のもと,学生のアート作品の制作・設置により,京都の重要な都市装置である地下鉄のイメージアップと活性化を図る「KYOTO駅ナカアートプロジェクト2015」を下記のとおり実施しますので,お知らせします。

             4回目となる今回は,「琳派400年記念祭」の開催年であることから,各大学が「現代の琳派」をテーマとした作品を制作するとともに,京都造形芸術大学は,地下鉄駅だけではなく,市バス車両を活用した作品も制作いたしました。また,京都嵯峨芸術大学と交流のある,フランスのパリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)にも参加いただきます。

             なお,当事業は,同日から開催される,京都で初めての大規模な現代芸術の国際展「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」組織連携事業です。

             ぜひこの機会に,地下鉄・市バスに乗って素晴らしいアート作品を見にきてください。

            1 作品掲出期間

              平成27年3月7日(土曜日)〜5月31日(日曜日)

            ★9大学が一堂に集結!★〜作品掲出スタートを記念し,感謝状贈呈式とジョイントミーティングを開催します〜

                【日時】平成27年3月7日(土曜日)正午〜午後3時頃

                【場所】ゼスト御池「河原町広場」及び「京都市役所前広場」特設会場 

                【内容】・京都市長からの感謝状贈呈と学生による作品制作発表・意見交換

                       ・市バス車両の展示

            2 参加大学と作品掲出場所

              京都教育大学 ・・・・・・・・・・・・・・・烏丸線:くいな橋駅

              京都工芸繊維大学・・・・・・・・・・・烏丸線:松ヶ崎駅

              京都嵯峨芸術大学・パリ国立高等美術学校・・東西線:太秦天神川駅,京都市役所前駅

              京都女子大学・・・・・・・・・・・・・・・烏丸線:五条駅

              京都市立芸術大学・・・・・・・・・・・・・東西線:二条城前駅

              京都精華大学・・・・・・・・・・・・・・・烏丸線:国際会館駅

              京都造形芸術大学・・・・・・・・・・・・・東西線:東山駅,市バス車両1両※

              京都橘大学・・・・・・・・・・・・・・・・東西線:椥辻駅

              京都府立大学・・・・・・・・・・・・・・・烏丸線:北大路駅

              ※ 対象車両(2027号車)の運行系統は5号,31号,65号系統。

                運行スケジュールは決まり次第,交通局ホームページでお知らせします。  

            3 今回の特徴

              本年は「琳派400年記念祭」開催年であることから,作品のテーマを「現代の琳派」といたしました。

              また,京都嵯峨芸術大学の紹介により,パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール※)が参加します。

              さらに,京都造形芸術大学が市バス車両1両を活用した作品制作も行い,事業の盛り上げを図ります。

              ※ パリ国立高等美術学校:エコール・デ・ボザールについて

               17世紀パリに設立されたフランスの美術学校。350年間以上にわたる歴史があり,モネ,ルノアールをはじめ,

                 絵画,彫刻,建築の分野に多くの芸術家を輩出してきた。

            4 主催等

              主催:KYOTO駅ナカアートプロジェクト実行委員会(構成団体/参加9大学,京都市(交通局,文化市民局)

              後援:京都商工会議所,琳派400年記念祭委員会

              協賛:株式会社 イシダ,オムロン 株式会社,株式会社 サンエムカラー,GK京都 株式会社,株式会社 島津製作所,

                       株式会社 堀場製作所,村田機械 株式会社※50音順

            【参考2】「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」

            世界の第一線で活躍する現代芸術家約40名が京都に集結!京都発の新作も多数発表されます。京都のまち全体が現代アートの舞台となります。

            期間:平成27年3月7日(土曜日)〜5月10日(日曜日)

            会場:京都市美術館,京都府京都文化博物館など全7会場

            主催:京都国際現代芸術祭組織委員会,一般社団法人京都経済同友会,京都府,京都市

            お問い合わせ先

            交通局 高速鉄道部 営業課
            電話: 075-863-5218

            |17:44| イベント | - | - | posted by textile -
            加藤義夫先生トークイベント「なぜ日本美術史は東京中心なのか?80・90年代の関西美術界を振り返る」
            0
              加藤義夫先生がゲストのトークイベントが開催されます。
              是非ご参加下さい。

              下記HAPSホームページより

               

              アートライター藤田千彩が、いま聞きたい!考えたい!というテーマについて、ゲストとともにトークします。6回目/2015年2月は、キュレーターの加藤義夫さんを迎えて、80・90年代の関西のアートシーンを振り返ります。古くから東京中心で成立してきた「日本美術史」では、関西のことは「具体」しか出て来ません。しかし80・90年代の関西の動き、例えば中原浩大・ヤノベケンジら立体系の発生やダムタイプの活動といった、特筆すべき事項を見逃すわけにはいきません。同時代に関西で寄り添って生きてきた加藤さんの目線で、知られざる日本美術史を洗い出し、関西でアートをすることのデメリットを考えていきます。

              *このシリーズは今後も開催していきます。どうぞお楽しみに!

               

              ■日時
              2015年2月18日(水)19:00-21:00(18:30開場)

              ■料金
              大人1000円 学生500円 (1ドリンク付)

              ■会場
              HAPSオフィス
              〒605-0933 京都府京都市東山区山崎町339 東山アーティスツ・プレイスメント・サービス


               

              ■ゲスト 加藤義夫 yoshio katoh (キュレーター/美術評論家/加藤義夫芸術計画室 代表)
              1954年大阪府生まれ。グラフィック・デザイナーやギャラリストを経て、キュレーターや美術評論家となり展覧会の企画制作のほか、新聞・雑誌で評論活動を展開する。「大阪・ハンブルク友好都市記念事業」「芸術と自然」「大阪アートカレイドスコープ」「テキスタイルの未来形」「αMプロジェクト」「群馬青年ビエンナーレ」「水都大阪」「あいちトリエンナーレ地域展開事業 アーツ・チャレンジ」などのキュレーターや審査委員を歴任する。
              現在、加藤義夫芸術計画室主宰。朝日新聞大阪本社文化欄「美術評」担当、国際美術評論家連盟会員、ART OSAKA実行委員、AHAF実行委員、浜屋敷アートフェスタ実行委員、アーツ・チャレンジ選考委員。大阪教育大学・大阪芸術大学・大阪成蹊大学・京都精華大学・近畿大学・神戸大学・武蔵野美術大学で非常勤講師。共著や編著に「高須英輔57の階段彫刻」「アートマネージメント」「川俣正 アーティストの個人的公共事業」「ヨッちゃんの部屋 加藤義夫芸術計画室10年全仕事」「A Retrospective of the 40 Years of Metal Works Yoo Lizzy」「具体人GUTAI STILL ALIVE 2015 VO.1」がある。

              ■企画  藤田千彩 chisai fujita
              1974年岡山県生まれ、アートライター。大学卒業後、OLを経て、一般・美術専門を問わず、雑誌やウェブサイトに美術を書く・伝える仕事をしています。http://www.artplus-inc.com近著に、群馬県立近代美術館「1974年に生まれて」展カタログ執筆、AllAbout「美術・アート」担当関西アートビートKABlogライターなど。現在、大阪成蹊大学非常勤講師、アートマガジン「PEELER」主宰。

               

              氏名/郵便番号・住所/電話番号/メールアドレスを明記の上
              【event☆artplus-inc.com】までお申し込み下さい

              *☆を@マークに変えて送信してください
              *定員になり次第、締め切らせていただきます

               


               


               
              |07:26| イベント | - | - | posted by textile -
              ステンシルワークショップ
              0
                高大連携ワークショップのレポートです。
                高校生と本校が連携し、ステンシルの技法でトートバックに図柄を染めるワークショップを行いましたDocomo_hart
                皆さん楽しそうに受講中ですおねがい
                今回は約40名の学生さんが参加しましたき


                一生懸命下図を書いています矢印上皆さん集中していますね♪


                上野先生と鳥羽先生が、下図を一人一人チェックしています笑う
                細かに丁寧にチェックして頂きましたonpu03


                チェック後、下図を元にカッターで型紙を彫っていきますぴのこ:)z
                図柄の細かい場合は、大変な作業ですねあひょうパンダ


                彫った部分に刷毛で色を染めますonpu03

                この後、アイロンで色を定着し完成ですぴのこ:)


                 
                |17:01| イベント | - | - | posted by textile -
                加藤義夫先生 ギャラリートーク
                0
                  加藤義夫先生 ギャラリートークイベントの告知です。
                  是非、ご参加をお願い致します。





                  下記DMより

                  高須英輔展
                  12/1(月)〜13(土)会期中無休
                  11:00-18:00(土日は17:00まで)
                  ナイトデー:12/4(木)は19:30まで開廊します。

                  ギャラリートーク 初日(1日)18:00-19:00 無料
                  高須英輔 × 竹下満紀子(studio ambient 代表) × 加藤義夫(キュレーター/美術評論家)
                  テーマ<階段彫刻から黄檗山萬福寺「歓天喜地」プロジェクトへ>定員25名 *要予約

                  GALLERY KAZE [風]

                  〒541-0041 
                  大阪市中央区北浜2-1-23 日本文化会館9F
                  Tel/Fax:06-6228-0138
                  E-mail:gallery.kaze@ace.ocn.ne.jp
                  http://web-gallerykaze.com/index.htm
                  |15:16| イベント | - | - | posted by textile -
                  鴨沂高校ワークショップ
                  0
                    鴨沂高校の学生さんが、京都の染色を勉強しにいらっしゃいました。
                    中川先生から、三纈のお話や現代のテキスタイルまで幅広く、とても面白いレクチャーをして頂きました。


                    レクチャー後は、藍染を体験してするワークショップを行いました
                    京鹿の子、板締めなど多くの技法を体験しました




                     
                    |13:49| イベント | - | - | posted by textile -
                    3年生 山下華鈴さん「JAPANTEX2014 インテリアデザインコンペ」にて入選
                    0

                      下記 京都精華大学ホームページより
                      芸術学部テキスタイルコース3年生 山下華鈴さんの作品が「第33回JAPANTEX2014 インテリアデザインコンペ2014」において、入選を果たしました。

                      「インテリアデザインコンペ」は、一般社団法人日本インテリアファブリックス協会が主催するインテリアの国際見本市「JAPANTEX」の企画として行われ、インテリアの可能性を追求する作品を広く募集するコンペティションです。2014年度は「窓と暮らしを彩るインテリア」テーマに、インテリア素材を使用し、自由に発想した楽しい住まいのシーンを表現した作品を募集。入選作品30点は、2014年11月12日(水)〜11月14日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「JAPANTEX2014」で展示されます。

                      第33回JAPANTEX2014 インテリアデザインコンペ2014
                      http://japantex.jp/designcompe2014

                      テキスタイルコースでは、糸で織る、布を染める、という技法を用いて、色と素材、モチーフの組み合わせで、新しいテキスタイル表現を生み出すことをめざします。染めと織りの基礎技法を習得し、各技法の成り立ちや原理を理解し、応用力を身につけることで、自由な発想と表現が可能になります。京都という伝統文化が息づく土地を活かし、全国の大学でもめずらしい手描き友禅を学ぶ授業もあります。

                      京都精華大学 芸術学部 テキスタイルコース
                      http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/art/textiles/

                       

                      |13:44| イベント | - | - | posted by textile -
                      | 1/4 | >>
                      LATEST ENTRY
                      ARCHIVE

                      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.